オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

橿原市で台風の被害にあわれた住宅の現場調査をさせて頂きました


橿原市で台風の被害にあわれた住宅の現場調査をさせて頂きました。

被害にあったのは波板の屋根で数枚の波板が飛んだと仰られておりました。

調査時にはすでに施主様が応急処置をされており、波板交換をご希望されておりました。

調査の内容と提案の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
建物の外観
建物の外観の様子です。

トタンで出来た倉庫の屋根の損傷が今回の問い合わせ理由です。
全体写真
屋根の全体写真です。

施主様がところどころ処置をされたようで、波板の種類が場所によって違います。

ブルーの波板が直近の応急処置の跡のようです。
テープで応急処置
新しい波板をテープで貼り付けて応急処置をしております。

テープだけでは限界がありますので、至急の波板交換を希望されておりました。
折れた傘釘
今回の波板は傘釘(かさくぎ)と呼ばれる雨傘のような形をした釘を打ち付けて固定されております。

ですが、傘釘の傘部分が錆びと劣化によって損傷しております。

これが今回の被害の原因です。
錆びたトタン波板
先程の波板は【塩ビ製】のものに対して、こちらの波板は【トタン製】のもので施工されておりました。

トタンは錆びる素材ですので、錆びてきており、以前に塗料を塗られた後も見られました。
錆びた傘釘
こちらも傘釘が錆びており、頭が取れるのは時間の問題と言えるでしょう。

この状態で放置しておくと、木材で出来た骨組み部分も雨水の侵入によって腐食してしまい、屋根材のみに交換では収集がつかなくなります。

工事の決断のタイミングとしてはベストと言えるでしょう。
剥がれた塗膜
錆びたトタン波板の上に塗料を塗られておりますが、錆止め効果のある塗料でない場合、塗料は剥離してしまいます。


波板寸法
波板交換の見積もりを作成する為に、波板の寸法を測って、枚数を数えます。

備考

以上が今回の調査の内容です。

ポリカ製の波板を使用した波板交換工事を提案させて頂きました。

ポリカ製は近年主流の波板で従来に流行った塩ビ製よりもはるかに劣化しにくく、長持ちする素材で出来ております。

お客様は工事を決断なされましたので、後日着工させて頂きます。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560