オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

橿原市で雨漏り被害のあったスレート瓦のカバー工事をしました。


既存のスレート瓦
既存のスレート瓦です。
築30年で10年以上塗装をなされていない状態ですのでコーティングが剥がれ、瓦の艶が飛んでおります。

本来はスレート屋根の塗装工事は縁切りといって、塗装後の塗膜によって詰まってしまった接合部をカッターなどの刃物で隙間を空けなければなりませんが、こちらは隙間が空くはずの部分がコーキングで埋められております。

これでは瓦の中の湿気を抜く事は出来ません。

恐らく以前に委託した業者の施工ミスでしょう。

ご提案としましては現在の瓦の撤去をして新しい屋根を葺き替える葺替え工事か、既存の屋根の上からカバーするように新しい屋根材葺くカバー工事の2種類になります。

今回はカバー工事に決定しました。

アイジー工業ガルテクト
今回使用するのはアイジー工業のガルテクトという商品です。

こちらはガルバリウムというもので出来ていますが、錆びにくく耐久性が非常に高いです。
さらにメンテナンスが不要という最高のメリットがあります。

耐用年数は15年から~20年と言われております。

カバー工事のメリット

・既存の瓦の上から葺くので廃材が出ず、廃材処理費が掛からない
・瓦の撤去の工程を省きますので、工期が比較的早い
・瓦の葺替えに比べると手間が掛からないので料金が安い

デメリット

・瓦の上に屋根材を葺くので屋根の比重が重くなり、葺替えに比べ耐震性がやや劣る

以上がカバー工事のメリットとデメリットです。
圧倒的にメリットが多いですので、私は積極的にご提案させて頂いております。
アスファルトルーフィング
既存の屋根の上からアスファルトルーフィングという防水機能付きの下葺材を軒先(屋根の一番低い部分)から棟(屋根の一番高い部分)にかけて葺いていきます。
防水紙貼り付け
下葺材を軒先から棟へ被せるように葺くことにより、もし雨が漏っても建物の外側に流れるような仕組みになります。

シートとシートの接合部は雨が漏らないように十分に被せて葺きます。
ガルバリウム縦平
その上からガルバリウム鋼板を縦一枚ものの材料で葺いていきます。

棟から軒先まで一枚の板金で葺いて行くため、縦に接合部がありませんので雨漏り対策は万全です。

ガルバリウム鋼板ですが、錆びにくく耐久性が非常に高いです。
さらにメンテナンスが不要という最高のメリットがあります。

耐用年数は15年から~20年と言われております。
雨押えコーキング
最後は接合部や雨押え部分をコーキングで隙間をくまなく埋めて行きます。

ガルバリウム鋼板のカバー工法の完成です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560