オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

橿原市で風災被害にあい、瓦が落ちてお困りの住宅の調査


橿原市で風災被害にあい、瓦が落ちてお困りの住宅の調査をさせて頂きました。

緊急性が高いので即日調査させて頂いて応急処置と解決方法の提案をさせて頂きました。

築15年の住宅で既存の屋根はスレート瓦で経年劣化により、汚れやコケが目立つ状態になっておりました。

火災保険適応による瓦の差し替え工事は可能ですが、既存の瓦は廃盤になっている為、入手が困難な状態になっております。

コーキングでひび割れた瓦を接着し、塗装工事によって密着させる提案をさせて頂きました。

調査の内容をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
被害箇所
被害箇所の様子です。

瓦が数枚割れており、落ちております。

瓦は釘で止められており、釘部分を被せるように施工して行きます。

瓦が割れ釘部分が見えている状態になりますと、瓦内部に雨水が侵入します。

ですが、瓦の下には防水紙と呼ばれる防水性能が高いシートが被せられております。

防水紙の耐用年数は20年以上と言われていますので、内部漏水の心配はないとお伝えさせて頂きました。

お客様が不安視されていたのは、月曜日の天気予報が雨なので、天井に雨染みが出来ないかを不安に思っていらっしゃいました。

内部漏水の可能性が低い事をお伝えすると安心して頂きました。
応急処置
内部漏水の可能性が低いとは言え、雨水が度々侵入すると防水紙も劣化します。

少しでも防水紙への負担を減らすためにコーキングと呼ばれる防水性の高い、詰め物をして応急処置をします。

コーキングは防水効果はありますが、屋根に使用した場合、耐久性が低く機能している時間は1、2年程度ですので、コーキングをして解決ではありません。
瓦の状態
既存の屋根はセメントで出来ているスレート瓦と呼ばれる商品です。

セメントで出来ていますので、表面のコーティングが剥がれてしまうと見る見る内に劣化して行きます。

表面のコーティングの剥がれがひび割れや割れの原因の一つになります。

家を買われる際に説明を受ける事はないと思いますが、10年に一度塗装によるコーティングをする事で本来の機能性を維持する瓦ですので、住宅を守る為に10年に一度は専門家によるメンテナンスを行いましょう。
屋根の全体
屋根の全体の様子です。

スレートのカラーベストと呼ばれる商品ですが、様々な色と形があるのが特徴的な瓦です。

その分、廃盤となっている形も多く、既存の形は現在は廃盤で入手困難な状態になっております。

割れた瓦をお客様が保管されておりますので、割れた瓦を接着して塗装を行う事が最善の選択だと言えます。

備考

以上が調査の内容になります。

今回のパターンでは選択肢は3つあります。

既存屋根を撤去して新たな屋根材を施工する葺き替え工事。
既存の屋根の上から軽量の屋根材を施工する屋根のカバー工事。
瓦を接着して塗装によるコーティングを行う屋根塗装工事。

葺き替えやカバー工事は費用が大きく掛かります。

築15年の住宅に行う事は極めて少ない工事です。
瓦も使用できない程、劣化しているわけではなくコーティングをすれば、10年以上は頑張ってくれるのではないかと考えられます。

ですので、屋根塗装工事をご提案させて頂きました。

家族会議して頂きご決断なされた際は、正確なお見積りと見本帳をお持ちしてお伺いさせて頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下塗り塗装

奈良県橿原市にてモルタル外壁の塗装をしましたので、その模様をご紹介させていただきます。下塗りをし、中塗り、上塗り塗装には低汚染性シリコン塗装(今回はセラミクリーン)を施しました。また、雨戸、雨樋、破風板の付帯部には2液性ウレタン塗装を施して...........

下屋根アスベスト含有

奈良県橿原市にてアスベスト含有のコロニアル屋根からケイミュー社のコロニアルクァッドに葺き替えいたしました。その模様をご紹介させていただきます。後ほどアスベスト含有屋根についても少しお話もさせていただきます。それでは早速見ていただきましょう。

棟瓦撤去

橿原市でモニエル瓦の積みなおし作業をさせていただきました。棟瓦の銅線が切れてしまい、棟瓦が歪んでしまっていました。そこで、瓦を一度撤去し、芯木と漆喰を置き、ビスを打ち、コーキング処理をいたしました。のし瓦が残っているところは、銅線を巻きなお...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560