オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

上牧町でウレタン防水密着工法のバルコニー塗膜のふくれ


上牧町で他業者で施工したバルコニーの防水が膨れてきたので施工業者にお問い合わせをしたところ下地が悪い為、防水が膨れると施工後に言われ不信に思った為、調査をしてほしいとのお問い合わせを頂き現場調査に伺わせて頂きました。
バルコニー防水
こちらが膨れた防水のバルコニーです。 こちらはウレタン防水 密着工法 という高密度でゴムのように柔らかく厚みのつく塗料を塗布し、雨水の進入を防ぐ防水になります。

通常ウレタン防水 密着工法の工程は

バルコニーの清掃 
→ セメントペーストで下地調整 (表面が粗いバルコニーのみ必要)
→ 下塗り剤の塗布
→ ウレタン塗料中塗り 
→ ウレタン塗料上塗り 
→ 歩行用のトップコートを塗布 以上の工程で進みます。
ウレタン防水のふくれ
今回のパターンは下地調整に問題があり、既存のバルコニーからの湿気が抜けきっていない症状です。

表面の粗いバルコニーでは本来、セメントペーストを塗布し表面を整えた後にウレタン防水の塗膜をつけて行きますが、粗い表面と塗料の間に隙間が出来ると膨れが起こります。


私たちがウレタン防水の施工を行う際は、密着工法ではなく絶縁工法という施工方法をお勧めさせて頂いております。

費用が少し高くなりますが、膨れが最も出ないお勧めの工法です。
ウレタン工法密着工法
塗膜が下地から剥がれたりしない限り防水性には何の問題もありません。

ウレタンは強い塗膜ですので、数年は膨れによって塗料が剥がれる可能性は低いです。
工事をする場合、現在の防水を撤去しなければならないので、廃材費用が掛かります。

景観的に気にならないのであれば、数年は様子を見た方が良い旨をお伝えさせて頂きました。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560