斑鳩町法隆寺で雨漏りした住宅の現場調査に伺いました。


斑鳩町法隆寺で雨漏りした住宅の現場調査に伺いました。

雨染みにより天井板は腐食して天井が落ちそうになっていました。

雨漏り箇所の真上にはベランダと下屋根があり、メンテナンスを行っていないと言われていたので、ベランダと下屋根の点検をさせて頂きました。

調査の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。
雨漏り箇所
雨漏り箇所の様子です。

雨水の浸入によって天井板が腐食しております。

この状態で放置しておくと、どんどん骨組みが腐って行き、天井板が落ちたりする恐れがあります。

至急、雨漏りを止める必要があります。
雨漏り箇所2
雨染み箇所は数カ所ありましたが、いずれもベランダ近辺の天井に雨漏りの症状が見られました。

ベランダと下屋根の状態を点検します。
ベランダ部分
ベランダの状態です。

築30年ほどですが、ベランダは一度も専門家によるメンテナンスを行っていないと言われておりました。

近所の方にセメントを塗布して頂いたようですが、効果はなく雨漏りが続いている状態です。
ベランダひび割れ
ひび割れ部分が多数ありセメントで補修した跡があります。

セメントだけでは、密度が薄く防水効果がない為、雨漏りは止まりません。

悪い部分を削り落とし、防水工事を行う必要があります。
ドレン部分
ドレンにゴミが詰まっている様子はありませんでしたが、ベランダの中で雨漏りを引き起こす可能性が最も高い場所になります。

改修ドレン工事や防水材料を塗布する事によって防水機能を復活させる必要があります。
ドレン排水部分
ベランダ周りの下屋根の状態です。

瓦のズレなどはありませんし、土もしっかり入っておりました。

雨漏りの原因はベランダからの雨水の浸入と考えられます。。

備考

以上が現場調査の内容になります。

ベランダは通常少なくとも10年に一度のメンテナンスが必要になります。

雨漏りしてからでは、内装工事代やひどければ、骨組みの交換を強いられるケースもあります。

メンテナンスや10万円程度の工事を行わなかったが為に数100万円の工事を行う必要が出てくる事が多々あります。

事前の対策を心がける事で無駄な出費を減らし、住宅の長寿を実現しましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦撤去後の屋根下地

広陵町で屋根葺き替え工事をしております。前回に屋根瓦を撤去しましたので、今回は屋根下地に下葺材(したぶきざい)を貼っていく作業になります。ルーフィングや防水紙(ぼうすいし)と呼ばれる下葺材を使用して作業を行います。

瓦揚げ機

北葛城郡広陵町で屋根葺き替え工事を着工しております。既存の屋根は重厚感のある和瓦で、経年劣化を気になされたお客様は屋根葺き替えをご決断なされました。今回を機に耐震性の高い、軽量瓦「ROOGA 鉄平」に変貌を遂げます。前回に仮設足場組み立てを...........

くさび型足場

広陵町で中古物件を購入なされたお客様より、屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。和瓦の屋根で経年劣化による傷みが複数箇所見られましたので、お客様は屋根リフォームをご決断なされました。軽量で高級瓦の「ROOGA(ルーガ)鉄平」を使用しての屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560