オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

御所市で雨漏りした住宅の瓦屋根を調査させて頂きました。


御所市で雨漏りした住宅の瓦屋根を調査させて頂きました。

築70年程の住宅で瓦は強風により崩れている部分がありました。

雨漏りの原因箇所を探す為、屋根に登るといくつか気になる点が御座いましたので、調査の様子をご紹介させて頂きます。
外観
建物の外観部分の写真です。

瓦屋根の住宅で1階部分が広い住宅になります。
瓦屋根の状態
屋根に登って調査をしました。

年数がかなり経過しておりますので、さすがの瓦も劣化して色あせております。
崩れた下り棟
問題箇所の一つです。

2階屋根部分の瓦が強風により崩れ、葺き土(ふきど)がむき出しになっております。

葺き土の下は屋根裏の天井になりますので、強い雨が降ると雨漏りを引き起こす原因になります。
漆喰剥がれ
瓦の袖(そで)部分の漆喰が剥がれ、土がむき出しになっております。

こちらも同じく雨漏りの原因になりますので、土を守る為に漆喰を塗る必要があります。
瓦の割れ
1面に集中的に瓦の割れが数か所発見されました。

2階の崩れた瓦が落ちて衝撃で割れたと考えられます。

こちらも瓦の差し替えを行う必要があります。
鬼巻き漆喰
関節部分から雨水が侵入しないように漆喰が塗られておりますが、こちらも劣化して変色しており、密着力も失っております。

既存のものを撤去して新しく塗り替える必要があります。
以上が調査の内容になります。

今回は損傷部分が複数ありましたので、細目に部分補修を行うよりも経済的に雨漏りを確実に止める為に屋根の葺き替え工事を行う事がベストだと判断しました。

複数パターンお見積りを作成させて頂き、お客様の予算に合わせたベストな解決方法を選んで頂く事になりました。

工事が決定しましたら、そちらもブログにアップさせて頂きます。


ご愛読有難う御座いました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560