オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良で雨漏りした屋根のリフォームを行いました


工事のきっかけ

屋根材が敷地におちていた。雨漏りしていた。

上牧町 屋根カバー工事,雨漏り修理

ビフォーアフター

before
屋根外観
horizontal
after
金属立平葺き

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事,雨漏り修理
施工期間
2週間
使用材料
JFE鋼板 極
施工内容その他
築年数
築41年
保証年数
7年
工事費用
120万円
建坪
80㎡
ハウスメーカー
奈良で屋根材の破片が敷地内に落ちていて、不安に思われていた方よりお問合せを頂きました。

現状の屋根材はスレート屋根で、雨漏りの被害にもあっておられました。

火災保険適応による屋根リフォームでお悩みを全て解決させて頂きましたので、今回の屋根カバー工事の施工事例をご覧頂ければと思います。

屋根リフォーム施工事例

落ちた屋根材
屋根材の破片が落ちていました。


こちらの屋根材はお客様宅のものと同じ色でしたので、お客様はご自身の住宅のものであると確信なされておりました。

台風後に見つけたので、台風被害と判断しました。

火災保険申請をこの時点で視野にいれて、隅々まで調査を行います。


天井の雨染み
お部屋の中に雨染みがありました。

2階天井の雨染みですので、屋根からの雨漏りでほぼ間違いないです。

屋根材の損傷と関係があるか否かで、保険申請の内容が変わってきます
天井裏
雨漏りの箇所を特定させる為には、屋根裏を調査させて頂く場合があります。

屋根裏はお部屋の収納の天井部分に点検口が設置されている場合が多いです。
天井裏 雨染み
棟(むね)周辺で雨染みを発見しました。

こちらの場所を壁から何メートルか測定して、屋根に上った際に損傷との位置関係を確認します。
損傷した屋根
屋根の様子です。

切妻(きりづま)という、2面だけのタイプの屋根です。

棟周辺の屋根材が抜け落ちております。

雨漏りと関係ある可能性が高いので、雨漏り修理と屋根修理の保険申請を行いました。
旭ソーラー
朝日ソーラーと呼ばれるソーラーパネルが屋根に乗っていました。

こちらは使用なされていないとの事でしたので、屋根リフォームの際に撤去させて頂きます。
メッシュシート
火災保険の保険金が下りましたので、施工を開始します。

まずは屋根リフォームを行う為の作業足場を組み立てます。

メッシュシートを貼って、作業員の安全確保を行います。
ソーラー撤去
朝日ソーラーを撤去します。

相当の重量がありますので、3~4人で降ろします。
防水紙荷上げ
下葺き(したぶき)を行います。

下葺きとは屋根材を葺く前の準備です。

20キロ程度あるシートを荷上げします。
片面粘着ルーフィング
防水紙(ぼうすいし)というシートを敷き詰めます。

防水紙を貼ることで屋根材内部へ、雨水の侵入を許しても防水紙が遮断してくれます。


屋根の耐久とは防水紙の耐久と言っても、過言ではありません。

そのくらい沢山の屋根で貢献している資材です。
唐草板金
軒先(のきさき)に唐草板金(からくさばんきん)を仕込みます。

屋根材から流れてくる雨水を、雨樋(あまどい)へ排水する為の大切な部材です。
ガルバリウム立平葺
加工した屋根材を貼って行きます。

今回は「金属立平葺き(きんぞくたてひらぶき)」を採用しました。

金属立平葺きは、ガルバリウム鋼板という超耐久の金属を使用して、縦目の屋根を葺いていく工法です。

軽いので耐震性が良く、縦目にする事で雨漏りのリスクが少ない工法です。

遮音性がやや低いので、新設するのは不向きですが、今回のようなカバー工事には適しております
屋根カバー工事
金属屋根というと、昔ながらのトタン屋根をイメージする方が多くいらっしゃいます。

トタンは耐用年数が短く、錆びるイメージがありますが、ガルバリウムは違います。

圧倒的に高耐久で、沿岸部でも20年~30年は錆びない実績があります。
金属立平葺き
板金屋根は職人により自由自在に加工できます。

加工する職人によって仕上がりが変化するのは、デメリットでもありますが、それだけ多くの場面で使用できる材料です。

腕の良い板金職人はとても繊細で、芸術のようなお仕事をします。
胴縁新設
板金屋根は要所で、木材を使用します。

板金を固定する為に角材を打ち込み、角材に板金を固定します。
棟板金下地
棟板金(むねばんきん)の中の状態です。

棟周りの施工も職人や、会社によって異なります。

棟は雨漏りや損傷を起こしやすい部分です。

弊社では、「より高耐久で雨漏りしない施工」に重きを置いて施工しております。
棟板金固定
棟板金と呼ばれる棟に被せる板金です。

側面から中の角材にビスを打ちこんで固定します。
サンバナ
立平葺きの先端には、サンバナというフタを施工します。

吹き込む風や雨水を、空洞部分に侵入させない為の部材です。
金属立平葺き
屋根リフォーム完成です。

屋根カバー工事では屋根材の撤去を行わない為、工期と費用を大幅に軽減します。

尚且つ、屋根が2層になる分、雨漏りのリスクを軽減出来ます。

とても魅力にあふれる施工ですので、古いスレート屋根の住宅にお住まいの方は検討なされてもいいかと思います。

工事をお考えの皆様へ

弊社では、「お客様の住宅の状態」「お客様の今後の計画」「予算」最低でもこの3点を必ずヒアリングさせて頂き、それぞれの方にあったご提案をさせて頂いております。

お客様の希望を叶える方法は必ず存在します。

もし建物に対して不安を抱かれている方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問合せ下さい。



お客様にとって最善の施工方法を模索して、最高の施工と対応をお届け出来るような努力を日々行っておりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

橿原市にてカバー工法による屋根工事

屋根カバー工事 施工前
屋根カバー工事 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
32年
建坪
27.5坪
保証
7年
工事費用
155万円
施工事例

磯城郡三宅町で雨漏りした住宅の玄関庇の補修工事を行いました。

施工前 玄関庇
仕上がった玄関庇
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
30年
建坪
10㎡
保証
7年保証
工事費用
20万円
施工事例

奈良市でカラーベストのカバー工事を施工させて頂きました。

施工前の屋根
棟板金施工
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
JFE鋼板 極
築年数
約30年
建坪
55㎡
保証
7年保証
工事費用
60万円

同じ地域の施工事例

施工事例

上牧町で雨漏りした住宅のテラス屋根交換、内装補修工事

外観
ヴェクターテラス完成
工事内容
屋根補修工事
部分塗装
使用素材
ヴェクターテラス エマルションペイント
築年数
築25年
建坪
保証
対象外
工事費用
40万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

ガルバリウム鋼板

奈良で雨漏りしたスレート屋根を火災保険を適応させて、屋根カバー工事を施工しております。屋根カバー工事とは、既存の屋根の上にさらに屋根を乗せる工事です。軽量の金属屋根材を乗せる事による屋根を2層にして、雨漏りを止めます。前回に下葺き(したぶき...........

防水紙荷上げ

奈良で屋根カバー工事を施工しております。既存の屋根はスレートのカラーベストで、雨漏りに悩まれて屋根カバー工事をご決断なされました。火災保険の申請も行い、少し保険金が出ましたので、思い切って屋根カバー工事を行いました。作業の様子をご紹介させて...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560