オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

遮熱塗装とは?


遮熱塗装とは主に屋根や外壁に使用される遮熱効果のある塗料を屋根に塗装する事により、室内の温度や屋根表面の温度を下げる塗装を言います。

ではどういったメカニズムで遮熱を実現しているか、またどの程度の効果を発揮するのかをご紹介させて頂きます。


遮熱塗装
遮熱塗料は高日射反射率塗料と呼ばれ、太陽光の赤外線領域の光線を高反射することにより塗膜と建築物の駆体の温度上昇を抑える事を可能にした塗料です。

建物の屋根、外壁に塗装することで表面の温度の上昇を抑え、表面の温度を抑える事で室内温度も下がります。

室内環境の向上と共に躯体の熱劣化を抑制する効果等の期待から近年注目されるようになってきた塗料になります。

主に私達が使用する塗料はクールタイトという塗料になりますが、従来の塗料との温度差を見てみましょう。
c844d691398c2a02aec3726b62658452
夏のスレート瓦の表面温度の違いです。およそ17度ほどの温度差があると言われています。

室内は3度程度違いがあると言われていて、エアコンの電気代は15%節約出来るという結果が出ております。

近年都会の地域ではヒートアイランド現象が問題になっておりますが、そういった環境面での配慮も充分といえる優秀な材料です。


皆様の住宅にとってもノーリスクハイリターンですので、もし屋根塗装をお考えの際は遮熱塗料をご検討下さい。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560