オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

ニチハ製屋根材パミール






今回はニチハ製『パミール』についてお話させていただきます。


スレート屋根材なのですがアスベスト規制法により使用禁止となった頃に販売されています。




しかし、数年後には層間剝離ひび割れ


中には屋根材がずれ落ち落下するような大問題が起き、


現在では販売されておりません。





ご自身の家の屋根材が『パミール』ならば…



問題を解決していきましょう。




パミール

ニチハパミール
パミール
パミール




上の画像は全て『パミール』です。



この『パミール』屋根材


についてご説明させていただきます。





1996年から2008年製造ニチハ製スレート屋根材になります。




現在はこの製品は販売されておりません








この『パミール』が販売された年代と言えば、


アスベスト使用が法律で禁止された時期と重なります。。。







そこで各建材メーカーは


ノンアスベストのスレートを開発・販売していきました。






ニチハは最大手の外壁メーカーです。


しかし、屋根材に関しては他の大手に比べ、まだまだシェアが低い会社でした。




そこでニチハ


ノンアスベストのスレート屋根材『パミール』を販売しました。






ただ、年月が経ち



層間剝離ひび割れ、中には屋根材がずれ落ち落下する



という大問題が発生したのです。



屋根材は横幅91cmもあるセメントの板です。


それが庭やベランダ、駐車場、道路なんかに落ちたならば、


もう大変です。




もちろん『パミール』だけに限った問題ではなかったのですが、


最も被害が顕著だったことは事実です。



表面がパイの様にパリパリ剝がれてくるのです。




この問題の理由として考えられるのは、




アスベスト代替品開発期間、長期使用の検証



不十分であったのではないかと思われます。




充分検証はされたかと思いますが…結果が結果だけに。。。



焦りは禁物…



何事にも言える事ですね。。。



とても残念です。




パミール





アスベスト健康被害さえ出なければ安価でありながらも


頑丈な建材でした。



『パミール』は、アスベストの代わりのつなぎ材として


「パルプ繊維」などを使用しています。



草や竹などから抽出する繊維ですので身体に対しての影響はございません


吸水性が高いという何とも致命的なデメリットがあるのです。





もちろん屋根材・外壁材に使用するのなら



それなりの防水対策を施さなくては意味がありません。









もちろんこの頃に販売されたものでも


充分耐久性に優れたスレート屋根材も存在します。


ですが、


少ないのが現状です。






しかし、リコールには応じてもらえません


製造責任を否定

釘の製造メーカー若井産業さん裁判にもなりました。



釘のリコールに繋がってしまったのです。






スレート屋根はデザインがよく似ているものが多く



『パミール』だと見分けるのが難しくなっています。





一番簡単に見分ける方法ですが、


『パミール』屋根の先端は凸凹の形をしています。


この凸凹の幅が等間隔になっており、


また、コロニアル屋根は波打ったような模様に対し、


『パミール』縦に細い筋が入っています



しかし、屋根に登っての点検は危険です。



必ず専門業者に頼んでくださいませ。



もちろん私どもも無料点検させていただいております。



フリーダイヤル 0120-928-560



ご連絡お待ちしております。








先にも述べたように

『パミール』屋根材であったならば、


リフォームについてお考え下さい。



まだ大丈夫と放っておくと、


釘がサビ、屋根材から雨水などが下地材に浸透し腐らせてしまいます。


また何より、もし屋根材が落ちてきてケガしてしまったら大変です。


屋根からの衝撃ははかり知れません。




どうかご検討を・・・





ありがとうございました。




信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560