オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

勾配屋根の塩ビ防水機械的固定工法


今回は滅多にお目にかかれない珍しい工法をご紹介させて頂きます。

通常、ベランダや屋上で使用する材料である塩ビシートを傾斜のある勾配屋根(こうばいやね)に施工されてあるマンションがありました。

現場の様子をご紹介させて頂きます。
塩ビシート防水
こちらが屋根面に施工された塩ビシート防水です。

カバー工法といって元々の屋根の上にカバーするように施工されておりました。

塩ビ防水は非常に優秀な防水材で絶縁工法(ぜつえんこうほう)という工法を行う事で、下地と防水層を絶縁し、フラットな下地であればどのような下地にも適応する工法もあります。

その特性を生かし、雨漏りを引き起こしている勾配屋根に施工したのが、こちらの物件です。
塩ビ鋼板
シートは密着しずらい端部には塩ビ鋼板という専用の鋼板を固定して、その鋼板にシート固定する事でより強く密着します。

ベランダであれば、立ち上がりの入り隅部分などに鋼板が使われております。
笠木
笠木や板金部分は防水シートを貼るのと、別の専門の職人が施工します。

板金部分が健康であれば、交換はなしで脱着のみ行います。
コーナーパッチ
塩ビ防水のコーナー部分にはコーナーパッチという材料を使用します。

施工後に写真のような丸いシートが貼ってあっても施工不良ではないので、ご安心ください。
ウレタン防水
塩ビシート防水はシートを加工して、特殊な工法で下地と密着させる工法です。

シートを加工するのが、不可能な形があります。

そういった箇所は塗膜防水をする事で補います。

貯水槽の付け根部分やハッチなどの周りはウレタン塗膜防水で補います。
ウレタン防水
塩ビシート防水は塗料が密着しない素材の防水層です。

シートの上に塗料が極力被らないように塗膜防水を行います。
以上が塩ビ防水機械的固定工法のカバー工事のご紹介です。

防水力と耐久性が高く、ビルやマンションの屋上で多く使用されている塩ビ防水ですが、欠点がない訳ではありません。

防水シートの中では、最も鳥害(ちょうがい)にあいにくい材料ですが、屋根瓦に比べるとそのリスクは高くなります。

金額的には屋根瓦よりも安価な事が多いですが、本来外から見えない屋上やベランダの施工に適した材料の為、景観的には屋根瓦に劣ると思う方が多いです。

勾配が緩い屋根でも雨漏りを止める事が出来て防水力は流石の一言ですので、雨漏りでお困りの方は塩ビシート防水を知っていて損はないでしょう。

もし施工をお考えの方がいましたら、街の屋根やさんまでお気軽にご連絡ください。

スタッフ一同、地域の方々からのご連絡をお待ちしております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560