オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

奈良市で落下した下屋根の瓦葺き替え工事→瓦撤去


奈良市で築50年の住宅、下屋根(げやね)の瓦が落下していましたので、下屋根の葺き替え工事をさせて頂きました。
のし瓦撤去
本日の作業は既存瓦の撤去になります。

重い瓦を壁側から上から順に一枚一枚、撤去して行きます。

和瓦は重いので落下させないように慎重に作業を進めます。
和瓦の撤去
昔の住宅の瓦は土葺き(つちぶき)工法といい、瓦の下には大量の土が敷いてあります。

現在は瓦桟(かわらさん)という角材を打ち付け、瓦を引っかける工法が主流です。


瓦の落下の原因はこちらの土が湿気により、浸透と乾燥を繰り返し密度が薄くなり、瓦を固定する機能が薄くなっていたからです。

こちらの土も丁寧に撤去していきます。
葺き土の撤去
土を撤去したら杉皮(すぎかわ)という瓦の下葺材が出てきます。

杉皮は杉の木の皮ですので、防水性はそんなに高くありません。

現在は材料の開発により、杉皮を下葺材で使う施工法はなくなりました。

現在はアスファルトルーフィングといい防水性の高いシートを下葺材で使用します。

アスファルトルーフィングは耐用年数20年と言われている程、丈夫な下葺材になります。
瓦と葺き土の撤去
既存の瓦の撤去が終わりますと、瓦の下の大量の土を撤去して、次の工程は下葺材のアスファルトルーフィングを葺いていきます。

奈良県の住宅は文化的にも古い瓦の屋根が多いです。

古き良き物は素晴らしいですが屋根の落下は危険ですので、点検は10年ごとに行いましょう。

もし少しでも屋根に不安がある方は 0120-928-560 街の屋根やさん 大和高田店 までお問い合わせ下さい。

少しでも早くお客様の不安を取り除く為、即日無料点検させて頂きます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560