橿原市で風災被害により瓦が落ちたお客様の住宅の点検


橿原市で風災被害により瓦が落ちてお困りの方の住宅の現場調査をさせて頂きました。

既存の瓦はスレートのカラーベストで住宅の築年数は3年という築浅の住宅でした。

築3年にも関わらず、瓦が落ちてお困りのお客様に火災保険を適応した瓦の差し替え工事をご提案させて頂きました。

調査の内容をご紹介させて頂きますので、ご覧ください。
築浅の住宅
見ての通り築浅物件です。

建売でご購入されたので、近隣には同じ仕様の住宅がズラリと並んでおりました。

しかし瓦が割れ落ちていたのはお客様の物件のみでした。

屋根に上って調査をさせて頂きます。
屋根の様子
既存の屋根の状態です。

綺麗な築浅の瓦ですが、奥に2枚色が変わっている箇所が御座います。
瓦損壊カショ
こちらは問題の瓦が割れ落ちた場所です。

スレート瓦は釘で止められており、釘部分を上の瓦で覆う事で見えなくなっております。

この状態では釘の打ち込み箇所から瓦の内部に雨水の侵入を許してしまいます。
屋根の状態
屋根の他の部位や外壁も見させて頂きましたが、他の部分に損傷はない為、何らかの原因で問題箇所のみが割れた事が考えられます。

原因と解決方法の提案

以上が調査の内容になります。

瓦が割れた原因は施工時にハンマーで釘を叩く際に瓦にひび割れた状態で施工を終了したか、もしくは飛来物による瓦の損傷です。

飛来物による損傷の場合は風災被害によるものですので、火災保険適応対象になります。

保険金で瓦の差し替えを行う事が出来ます。

施工時の不備であれば、建築した会社に責任を取って頂く形になります。

どちらにしても施工に不備がない事を建設会社に証明して頂く必要がある事をお客様にお伝えさせて頂きました。

もし飛来物による損傷の場合、工事をお任せ頂く事になりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦撤去後の屋根下地

広陵町で屋根葺き替え工事をしております。前回に屋根瓦を撤去しましたので、今回は屋根下地に下葺材(したぶきざい)を貼っていく作業になります。ルーフィングや防水紙(ぼうすいし)と呼ばれる下葺材を使用して作業を行います。

瓦揚げ機

北葛城郡広陵町で屋根葺き替え工事を着工しております。既存の屋根は重厚感のある和瓦で、経年劣化を気になされたお客様は屋根葺き替えをご決断なされました。今回を機に耐震性の高い、軽量瓦「ROOGA 鉄平」に変貌を遂げます。前回に仮設足場組み立てを...........

くさび型足場

広陵町で中古物件を購入なされたお客様より、屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。和瓦の屋根で経年劣化による傷みが複数箇所見られましたので、お客様は屋根リフォームをご決断なされました。軽量で高級瓦の「ROOGA(ルーガ)鉄平」を使用しての屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560