オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

橿原市にてアスベスト含有屋根を葺き替えました




奈良県橿原市にてアスベスト含有のコロニアル屋根から

ケイミュー社のコロニアルクァッドに葺き替えいたしました。



その模様をご紹介させていただきます。




後ほどアスベスト含有屋根についても少しお話もさせていただきます。


それでは早速見ていただきましょう。



アスベスト含有のコロニアル屋根からコロニアルクァッドへの葺き替え

下屋根アスベスト含有


点検にお伺いした時
アスベスト含有のコロニアル瓦だとわかり、
施主様の希望で葺き替えることに
いたしました。



大屋根アスベスト含有

まずは、撤去作業から始めます。

作業にあたり
アスベスト診断士
石綿作業主任者
特別管理産業廃棄物管理責任者
といった資格が必要になってきます。





アスベストが入った屋根材は、明治時代には輸入されており、使われ始めたのは大正時代と言われております。


アスベストは、目に見えないほどの小さな繊維で、人が呼吸すると肺の中にささり、15年以上になって

中皮腫・肺がん等を発症すると言われるものです。



2004年には代替が困難なものを除くすべてのアスベスト製品の製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止になり、

2006年にはアスベスト含有量が重量の0.1%を越えるものの製造、輸入、譲渡、提供、使用が禁止されました。




しかし、2006年以降に建築されたスレート屋根にアスベストが入っていないとも限りません。



というのも、実際の屋根に図面とは異なる商品が使われている場合もあるのです。



現在では考えられないことなのですが…その頃はノンアスベスト製品も多く出回り、

スレート屋根自体見分けることが難しいため、似ている商品であれば代替品でも何でもよいといった風潮が

業界(分譲住宅業界)にはあったのです。





アスベストは怖いですが、屋根機能の側面だけでみるとアスベストはとても耐久性・耐火性・防音性・断熱性にも優れて

いて、軽くて安価な優れた素材でした。



アスベストが使われていた20年前に比べて、大きな台風が来ると割れたり剥がれたりしてしまうスレート屋根

不具合が間違いなく増えています。



スレート屋根アスベスト入りの商品でも30年程度が寿命の目安です。

20年程前に販売されたアスベストが入っていない屋根材はさらに寿命が短くなります。







いくら良い屋根材といってもアスベストが入ってたら大変じゃないかなどと不安になるかと思います。。。





ではどうすればよいか。。。



まずは点検をさせて下さい。


目視で確認できると良いのですが、安全上、業者に頼むのが一番だと思います。



そして、塗装、カバー工法、葺き替えのどれが適しているのか一緒に考えていきましょう。





アスベスト屋根は

剥がれたり、割れていたりしなけれ日常生活では問題とないとされてます。


スレート屋根に使われるアスベストセメントに混ぜこまれてガッチガチに固定されており、

飛散しにくい状態だからです。



解体時材料を破砕、切断などを行った場合、アスベスト粉じんの飛散が一番懸念されるため、周辺住民の方

作業をしている者の健康への影響を考慮しなければなりません。



その場合、法律、規定、規則に沿って作業を行います。



皆様の安全、安心をお守りいたします。






では、続きを見ていただきます。




ルーフィングシート傷み


規定、規則に従い丁寧に撤去した
アスベスト屋根の下にある
ルーフィングシート
劣化が激しい状態でした。




ブルーシート



本日はここまでの作業になるので、
万が一に備えて
ブルーシートを張って帰ります。



野地板



さて次の日…
新しい野地板を上から張っていきます。



野地板



野地板は屋根工事の中でも
縁の下の力持ちのようで、
いつも気合いが入ります。




ルーフィングシート


そして、
ルーフィングシートです。
しっかり雨から家を守っていただきましょう。




コロニアルクァッド



今回の屋根材は
ケイミュー社さんの
コロニアルクァッド
です。



コロニアルクァッド



これで完成です。


安心して暮らしていただけます。







いかがでしたでしょうか。



今回はアスベスト含有コロニアル屋根から、カラーベストコロニアルクァッドへの葺き替えをご紹介させていただきました。




残念ながら、屋根は一生ものではございません。


メンテナンスをすることによって、寿命は伸びます。




今回のアスベスト含有屋根のように我が家の屋根は…?

と思われてらしたら、是非ご相談下さいませ。



その際、商品名がわかれば、メーカーがアスベスト入りかどうかを公開していますのですぐにわかります。


屋根の不具合状況などでもプロの目で見分ける事が出来ます。


お任せ下さいませ。






最後までお読みいただきありがとうございました。








同じ工事を行った施工事例

施工事例

奈良市にてROOGA雅への葺き替え工事をさせていただきました

T様邸 施工前
T様邸 完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ROOGA雅
築年数
築31年
建坪
30坪
保証
7年保証
工事費用
190万円
施工事例

下屋根を損害保険でコロニアルクァッドへ葺き替えました

IMG_6609-1
IMG_7832
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
コロニアル瓦
築年数
67年
建坪
59坪
保証
7年保証
工事費用
0円
施工事例

奈良市にて和瓦から平板瓦への葺き替え工事をいたしました

施工前 いぶし瓦
ナイスザノア
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
淡路産平板瓦ナイスザノア(防災瓦)
築年数
67年
建坪
59坪
保証
7年間
工事費用
180万円

同じ地域の施工事例

施工事例

橿原市にて雨樋の交換工事

施工前 雨樋
施工後 雨樋
工事内容
雨樋交換
使用素材
アイアン丸
築年数
36年
建坪
30坪
保証
5年
工事費用
35万円
施工事例

橿原市にてカバー工法による屋根工事

屋根カバー工事 施工前
屋根カバー工事 施工後
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
32年
建坪
27.5坪
保証
7年
工事費用
155万円
施工事例

橿原市で瓦屋根の漆喰詰め直し工事を施工しております

漆喰取り直し 施工前
美しい漆喰
工事内容
漆喰取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
水シャット
築年数
34年
建坪
40坪
保証
5年保証
工事費用
26万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5370

今回は奈良県大和高田市にて和瓦から『ROOGA 雅』という屋根材を使用した葺き替え修繕工事の模様をご紹介させていただきたいと思います。後ほどこの『ROOGA 雅』についてもお話させていただきます。本当に良い屋根材なんです。私個人では一押しで...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560