オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

香芝市で波板の劣化が気になるとお問い合わせを頂きました。


香芝市で波板の劣化が気になるとお問い合わせを頂きました。

現場調査をさせて頂き、お客様にお話を聞かせて頂いたところ、築21年の住宅で波板のメンテナンスは初めてという状態でした。

調査の様子をご紹介させて頂きますので、ご覧下さい。

調査の様子

既存の波板
既存の波板の状態です。

波板が風で飛んだりとかしていませんが、劣化が気になると仰られておりました。
波板の汚れ下から撮影
下から見た波板の様子です。

元々、ポリカという素材のクリアというカラーの波板で施工しているようですが、少し透き通ったようカラーです。

汚れが溜まり、透明感がなくなっております。

波板の状態
上から見るとはっきり汚れが分かります。

2階から波板の上を確認されて気になられていたようです。

ポリカフック
ポリカの波板を止める為の道具です。

ポリカフックと呼ばれておりますが、波板の山部分に穴をあけて骨組みにポリカフックをひっかけて固定しております。

コケ部分
雨水が排水される部分や溜まる部分はコケが生えたり泥が溜まったりします。

コケや泥が溜まると排水されにくくなりますので、排水部分の詰まりの原因になります。

掃除できる場合はご自身で掃除する事をおススメしますが、難しい場合は業者に相談して掃除してもらいましょう。

コケや泥が溜まってる箇所は湿気で特に劣化しやすく、穴が空いたりする恐れもあります。
劣化したフック
ポリカフックのフック部分はプラスチックで出来ております。

劣化するとフック部分が損傷してポリカフックの固定力がなくなります。

そうなると、風で波板を吹き上げて隣の住宅などを傷つけてしまう恐れもあります。

そうなる前に波板交換を考えられていますので、点検のタイミングはベストです。

備考

以上が調査の様子です。

調査の結果はお客様の想像通りのようでした。
新しいポリカの波板に交換させて頂くお話になりました。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_7115

私どもは屋根のリフォームの際、大きく分けると以下の3種類をご提案させていただいております。・再塗装・葺き替え・カバー工法ご紹介する施主様宅では、台風により棟板金が一部飛んでいってしまった状態でしたので葺き替えをご提案させていただいたのですが...........

IMG_7843-1

奈良県橿原市にて「雨樋」の交換工事をさせていただきました。「雨樋」とは、雨が降ったときに屋根からの雨水を集め、地面にまできちんと流したり、水の侵入により建物へのダメージを防ぐ大切な役割があります。後ほど「雨樋」についても少しお話したいと思い...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560