あやめ池で塀の吹付塗装工事を施工させて頂きました。


あやめ池で塀の吹付塗装工事を施工させて頂きました。

既存の塀は捲れている箇所や色あせがありお客様が気になられるおりました。

吹付職人さん達の作業をご紹介させて頂きます。

作業の様子

水成一輝
若くて頼りがいのある塗装職人さんです。

職人間でも腕が良くて真面目と評判の職人さんです。

養生
まずは塗装部分以外を養生といってビニールとテープで吹付材料が付着しないように保護します。
捲れている箇所の下地処理
次に捲れている部分を補修します。

この補修をするかしないかでは、仕上がりに大きな差が出ますので、腕の良い職人さんは下地処理を丁寧に行います。
ダイヤスキン
吹付に使用する材料はダイヤスキンという材料で様々な色の石を強力なのりで密着させる材料です。
ダイヤスキン
ダイヤスキンは水と調合しますが、使用する色や吹付面の状態によって配分が変化します。

プロの職人さんでも調合が難しい材料になります。
吹付職人
熟練の吹付職人さんです。

防水や手塗りの塗装もこなすことが出来るマルチな分野で活躍されている職人さんですが、ムラなく綺麗に塀を吹いております。

ダイヤスキンは色あせしやすい為、2回重ね吹きをします。ですので、乾燥させて再度吹付作業を行います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦撤去後の屋根下地

広陵町で屋根葺き替え工事をしております。前回に屋根瓦を撤去しましたので、今回は屋根下地に下葺材(したぶきざい)を貼っていく作業になります。ルーフィングや防水紙(ぼうすいし)と呼ばれる下葺材を使用して作業を行います。

瓦揚げ機

北葛城郡広陵町で屋根葺き替え工事を着工しております。既存の屋根は重厚感のある和瓦で、経年劣化を気になされたお客様は屋根葺き替えをご決断なされました。今回を機に耐震性の高い、軽量瓦「ROOGA 鉄平」に変貌を遂げます。前回に仮設足場組み立てを...........

くさび型足場

広陵町で中古物件を購入なされたお客様より、屋根葺き替え工事のご依頼を頂きました。和瓦の屋根で経年劣化による傷みが複数箇所見られましたので、お客様は屋根リフォームをご決断なされました。軽量で高級瓦の「ROOGA(ルーガ)鉄平」を使用しての屋根...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら奈良南店にお問合せ下さい!
7時~21時まで受付中!!
0120-928-560